スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山菜「こしあぶら」の天ぷら

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
山椒の芽の佃煮を作るために山椒の芽を採りに行った雑木林には、ちょうど食べごろのコシアブラの芽がありました。さっそく採ってきて天婦羅にいたしました。コシアブラの芽は苦味があるために天ぷらが、よいようです。「おひたし」や「和え物」でも食べれるそうです。

採れたての山菜の天婦羅とくれば、やっぱりビールです。コシアブラの天婦羅は塩でいただきました。


幼木に出来た若芽です。コシアブラはタラの芽で有名なタラノキと同じウコギ科です。葉の形は違いますが棘のある幹はそっくりでした。これは次のために残してきたコシアブラの芽です。あまり枝分かれせずにまっすぐに立ち、葉は先端だけに集中するところもタラノキに似ています。タラノキの樹高が2~4mなのに対してコシアブラは7~10mで時には20mに達するものもあるそうです。
      こしあぶら            たらのき(タラの芽)
  目 : セリ目 Apiales         セリ目 Apiales
  科 : ウコギ科 Araliaceae      ウコギ科 Araliaceae
クリックすると拡大  属 : ウコギ属 Eleutherococcus タラノキ属 Aralia
コシアブラの木材は、米沢市に伝わる木工工芸品の笹野一刀彫(おたかぽっぽ)を作る際の材料として用いられているそうです。コシアブラの枝は皮を、こするときれいに抜けて、芯と皮とが分離するそうです。昔、これを刀と鞘に見立て、子供の玩具とされたことから「刀の木」とも呼ばれたそうです。
クリックすると拡大

この芽は食べごろです。柔らかそうです。コシアブラは「漉し油」を意味しています。こちらの写真をクリックすると新鮮な美味しさが伝わってくると思います。
クリックすると拡大

採ってきたコシアブラの芽です。幹を傷つけたときに得られる樹脂は加工を施すと黄金色に輝く塗料を作成することができて、古来、金漆(ごんぜつ)と呼ばれ、工芸用塗料として珍重されてきたそうです。コシアブラ(漉し油)の名は、この樹脂の利用に由来する名称だそうです。
クリックすると拡大

ハカマの部分を取り除いて使います。短時間の間にこれだけ採れました。
クリックすると拡大

翌日もコシアブラを採りに行くと結構とれたので、今度は「おひたし」と「和え物」にすることにいたしました。これが「コシアブラのおひたし」です。創味の、だし醤油をかけていただきました。程よい苦味が山菜であることを伝えてくるの一品でした。太い茎の部分も、何とも言えない食感でおいしくいただきました。
クリックすると拡大

こちらが「コシアブラの和え物」です。すり鉢ですりおろしたゴマと醤油と砂糖で味付けをしました。こちらも特徴のある味が美味しかったです。
クリックすると拡大

やっぱりビールを飲みたくなりました。「コシアブラのおひたし」と「コシアブラの和え物」以外で用意された夕食は「小田原産のアジの干物」と「ゴマ豆腐」と「糸三つ葉の玉子とじ」と「味噌汁」でした。
クリックすると拡大
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

煤渡黒助

Author:煤渡黒助
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。